ホスティング
HAPIGORAKINOKO はぴごらきのこ 2008年08月




はぴごらきのこ HAPIGORAKINOKO
 
[------]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20080818]

この間、どちらも知り合いからチケットをいただき
2日連続でコンサートに行く機会があった。

1日目はピアノの独奏、
2日目はオーケストラ。

そしたらピアノもオーケストラも同じ曲を演奏していた!なんて奇遇!びっくりしたー


同じ曲とはプロコフィエフの「ロメオとジュリエット」

チャイコ、、、チャイコフスキーのじゃないよ。

きっと曲を聴いたらわかるはず。


そう、前にソフトバンクかなにかのCMで採用されてた曲♪
ってこんなバレエなんだ。すごい踊り。

「ロメオとジュリエット」はバレエ音楽で、
その中の「モンターギュー家とキャピュレット家」という曲が
CMで使われてた曲。





ちなみに下はチャイコのロミジュリ




オーケストラ版しか知らなかった私はピアノ版があることにびっくり!

ピアノのソフトバンク曲を聴いたら弾きたくなってしまった!弾けるものならw



オケのチケットは舞台にのる友達本人からもらったんだけど、
その友達がいうには
ピアノ版はオケ版を全て網羅、モーラ、してる訳ではないらしい。
そしてめちゃめちゃムズいらしい。
G大生が言うんだから確実だよね(涙

でもソフトバンクだけは弾けるようになりたい!楽譜買ってこよーかな。



そんな気持ちを起こさせてくれたコンサートの演奏者は田中正也さん。
さわやかですてきな方。
チケットをくださった方は「かわいいのよー」って。
1CA3A0349.jpg

経歴を見ると、
私が頑張って高1で弾けるようになった曲を
小5で弾いていらしたのね。うん。小学生の時点ですごいなあ。

田中正也さん
http://blog.livedoor.jp/masaya_piano/

当日演奏されてた曲もアップされてたのでぺたり。

モーツァルト ソナタ K.330 3楽章


ちなみに違う演奏者だけど 1楽章と2楽章 って ホロヴィッツって名前聞いたことある!
 


私がこれを弾いた年齢のときははっきし言って、
モーツァルト自体好きじゃなかった。

けど、改めて聴くと好きになってまた弾きたくなった。

でも
簡単な曲ほど難しいっていうかんじだ。  なんてわかったふりをしてみる。

で、なんだかいきなり頼まれちゃって、
代表でアンコールの前にお花を舞台までお渡ししにいく役を務めさせていただきました。
握手した手がちょっと冷たかったので、
プロでも緊張するんだなあって勝手に親近感がわいてしまいました。


演奏会の後、小さめのサロンが会場だったので、
懇談会があったんだけど急用で出れなくなってしまった。
いろいろお話し聞きたかったけど残念。
映像フェスタの宣伝もしたかったのに残念。ってそれは違うか。



こんどはこの曲を生で聞きたいなあ。
 

上が短いので
違う人のだけど長いの。


うますぎて鳥肌!!やばいこれ。って思ったらMartha Argerich、アルゲリッチさんだった。
それはうまいはずです。音源持ってました。涙でちゃうね。感動ー!




オケは特にコントラバスが心にしみました。

いや、全体的にうまくて、
うまいのはもちろん
学生のオケということもあって
なにか熱いものが音とともに伝わってきて、
涙が止まらなくなってしまいました。ここだけの話。
って毎回このオケの演奏はヤバい。熱い。涙出る。

みんなの気持ちがすごいの。言葉で言い表すのが難しいけど。


本番前に合宿で1日10時間以上かける4日か5日の練習があったようで
レヴェルが違うよ。すんばらしい。




指揮者は日本人じゃない方はオケ練習中、片言の日本語だったらしいけど、
日本の最近の芸人のネタをフンダンに取り入れててツカミがすごくて面白かったらしい。

あとのオケ演奏は歌劇「イーゴリ公」 ダッタン人の踊り


チャイコの弦楽セレナーデ


私は2楽章が好き。
 


久しぶりにクラシックに漬かったのでテンションあがった。

友達には感謝をこめて花束を
1CA3A0356.jpg

ショパンの練習曲、1曲でも弾けるようになりたいなー。

ってまだベートヴェンを練習中だった。。放棄気味だけど。
指を動かさなくては。



1CA3A0359.jpg
帰りは久しぶりに飛行船をみた。

。。。docomoだ。
スポンサーサイト

[20080808]

海外のストリートビューって結構面白い。
ビックリなのや、面白いのを集めてみた。


大きな地図で見る


View Larger Map


View Larger Map


View Larger Map


View Larger Map


大きな地図で見る


View Larger Map


View Larger Map


View Larger Map


View Larger Map


大きな地図で見る


大きな地図で見る


Vis stort kort


View Larger Map


ちなみにストリートビューの車はこんな感じみたい。かなり目立つー

大きな地図で見る

[20080807]

 
先日、フィルムに熱い監督さんに

「16ミリカメラのテストするから手伝いにきてー」

と、よんでいただいたので早速伺った。


一緒にいった友達は技術の授業をとっているのもあり知識があったが

かといって、私はフィルムに関しても全く知識がなく、

逆に私が得たものの方が大きかった。



テスト後、現像所までひょこひょこついていった。

現像所は業務用な雰囲気で、本物のにおいがして
ドキドキしてやけに気持ちが気取ってしまった。



監督は現像料が高いと嘆いていた。

私もその額に驚いた。
2分半で4万かあ。

静止画のフィルムとは訳が違うのね。
よく考えたら写真もそのぐらいする?!
24枚×150秒=3600枚
4万÷3600=11.111...


1枚10円は妥当?





そしてご飯を食べながら
ちゃっかり私が企画してる映像祭の企画書などを見ていただいた。

そしてゲストについてかなりアドヴァイスいただいた。



「そういうゲストを呼ぶなら謝礼は20万でも安い」



今日一番の名言だ。心に残る一言となった。



ご馳走にまでなってしまい、ありがとうございます!



「最先端!最先端!デジタル!」

とか言ってて、古いものとか映画の枠を毛嫌いしてしまっていた私でしたが、

この日、監督にフィルムの熱い話をしていただいて

すべてはここが原点だ、ということが少しわかった気がしました。




だから私はこの大学に入ったんじゃんって思い出したりしました。
感謝(>_<)!!



そんなで
お話とご飯でいっぱいになった1日でした☆







と、
監督と解散して気づいた。


「あ、企画書のファイル、ご飯食べたお店に忘れた。。。。」


記憶を頼りに戻って、ファイルを無事確保。


よかったー、デジタル時代とはいえ
あれがないと精神的に生きてけないよー




今日お世話になった監督はフリーターをしながら自主制作をしている。

フリーターといってもそのバイト時間は半端でないく、

きくところ、そこらの正社員よりハードなようだ。



芸術系の人ってほんとにそういう方が多い。

そういう方たちをみていて、自分との気持ちの違いを感じてしまう。

どうしても。

私もそこまで本気でこの道でやれるだろうか。




夢が叶うというのは諦めなかったからだ。



って聞くけど、ほんとうにそうだと思う。


私の場合は、夢を途中で見失ってしまいそうだよ。




その前に、
目の前にあるものに全力投球!!
そうだ!それだ。

そんなことくだらないとか無理だよとか
そういうことを言って何もやらないよりは

たとえ言われてもやる方のがかっこいい。
私はそう思う。


だからやるよ。
くだらなくても、不可能だといわれても
やってみなきゃ。
絶対楽しい。自分で自分を信じなくては。
過程の先には結果がある。
また今日から全身で前進!

そら5


そら2

そら3


HOME
copyright © 2005 木下きのこ all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
 
 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。